忍者ブログ
北海道は道東の隅っこ。そこの牧場のお話。 母ちゃんと子どもらの物語。
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
2
5 7 8 10
12
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[02/17 名無し]
[02/17 ほたる]
[02/17 名無し]
[02/17 名無し]
[02/17 ほたる]
プロフィール
HN:
静子
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
忍者アナライズ
1 2 3 4 5 6
チャック事件削除しました。

さき

拍手[0回]

PR
いろいろとありすぎ。
参るね。

拍手[0回]

もちゃんに来てくれと電話しておいた。
お昼も過ぎてご飯も終ってからやって来た。(笑)(ちょっと遅すぎ・ドライブしたかったのに)

同室のばあちゃんに則子のジャージ着せた。
私のではデカすぎだし...でも、則子のでは小さすぎたかなっ?。。。
で、看護師長に話を通しておいた「ちょっと外出」で、ばあちゃんを連れて出かけた。
豚丼の町に住んでいるのに豚丼を食べた事がない....と、言うから、お別れ前に豚丼を食べよう。と、言う事でね。
彩子のお勧めの食堂はなくなっちゃったけど....ちょっと離れたところの店に行った。
もっちゃんを加えて三人で食べた。
ばあちゃんは少なめにして貰った。(笑)
美味しい・美味しいを連発する。食堂で食べるなんて...何年ぶりかと口にする。
うーん.....
で、ばあちゃんが食べたいという「かき氷」を食べに別な店に移動。
あずきにミルク....をミックスしてもらい....特盛のかき氷を完食した。
私ももっちゃんもびっくり。
本人のばあちゃんは、ニッコリ。

私の住所、電話番号などをメモした紙を渡した。
「何か困ったことがあったら遠慮なく電話してね」
そんな会話をしながら病院へ戻るのだが....寄り道しちゃった。(笑)
もっちゃんがおっきいばあちゃんへのお土産というか頼まれた品の購入。(仏壇用)
六〇亭....
ばあちゃんが「私にお金貸してくれないかなっ」と言う。
んっ?
あっ、和菓子が食べたかったのかぁ~。(笑)
もっちゃんが笑いながら、ばあちゃんが食べてみたいという和菓子と大きなシークリームを買って店内で食べた。お茶は抹茶。抹茶は初めてだと言う。私は苦手。
苦労して育てた一人息子...嫁に取られて私はこんな生活....ポツリ、初めて愚痴った言葉を聞いた。

病院へ戻り、部屋に戻った。
と、もっちゃんが「じゃっ、帰るわ。明日はのりさん(夫)が来るはずだから」
大きな事務用袋を脇に持って.....ちらっと見えた封筒の文字は〇〇介護施設の名前だった。
もっちゃん、余りに酷いなら勧めようと持ってきていたが出すタイミングがなかったか。
看護師長が部屋にやって来た。
「お風呂、使っていいよ」
ばあちゃんと私はニコッ。

では、お風呂に行ってきます。



おまけ
私ともっちゃんは...じいちゃん・ばあちゃんに受けるタイプなんだね。(^^ゞ
------------------------




拍手[0回]

入院生活で一番楽しみなのは「朝・昼・晩」の食事。
ついでお風呂....
来てくれる家族の顔....
嫌なのは注射をもって部屋に入ってくる看護師さん。
退院を引き延ばす事務の人達。
最大に嫌なのは..
院内を走り回って遊ぶ子どもら。

食事が遅れてるよぉ~。



おまけ

あんこばあちゃんが置いていったお惣菜がごっそりあるんだ。
同室のばあちゃんと食べるんだ。o(^_-)O

--------------

拍手[0回]

お昼も終わり....院内はどことなく静かだ。
盆を前に一時帰宅の患者さんもいるしね。

看護師さん「今日、お風呂の日じゃないけど、入っていいよ」
この病棟の患者さんはほとんど一時帰宅で帰ってしまって、私を含めて数人しかいないそうだ。
そんじゃ、と、同室のばあちゃんと二人で入ってきました。
浴槽へは....私はおへそまで.....(笑)
同室のばあちゃんはシャワーだけで体を洗う。
汚れはないよ。二人とも寝たきりなんだもの。
汗を流せばそれでいいけど、このお風呂って入院患者にとってはすっごく贅沢に感じる。
湯からあがって、そのばあちゃんと麦茶を飲んでると、そこに、あんこばあちゃんがお見舞いにやって来た。運転手はあんこばあちゃんの孫の嫁さん。

おはぎを持ってきてくれた。
遠慮ないよ.....内科じゃないんだし。同室のばあちゃんも一緒に口にした。
そのばあちゃん、私がこの部屋に入る前ら居た。
私が入ってから....一度も身内の人が来た事はない。聞くのも失礼だし黙っていたが....
まぁ~、よく語る人だ。(笑)
そして初めて聞けば、息子夫婦と一緒に生活しているが....盆・正月は病院暮らしになると言う。
嫁の親や義理の兄弟夫婦が来るから....追い出されるようだ。
ムカついた。
そう言う家庭もあるんだと想いながら...話題をかえて笑った。
彩子が置いていった小さなテレビ....手帳ぐらいかなっ。
そしてヘッドホンで聞く。
毎日、私のベッド横のテレビを一緒に見ていた。
私が帰ったら....と、おもうと、言っちゃった。
「これ娘が置いて行ったんだけど、あげる」
使い方を教えて....ニッコリ。
料金を気にせずに見られるね。と、ばあちゃんにお礼を言われると気恥ずかしい。(;^_^A
アマゾンで5000円ぐらいだったかなっ。
牧場では受信できない....でも、この街だとばっちりと電波をとらえる。

水曜日....早く来ないかなっ。(笑)
父ちゃん、ちゃんと向かえるくるだろうか?

あんこばあちゃん....楽しい人だ。
同室のばあちゃんも楽しい人だ。
私が退院したら、一人になっちゃうね。

拍手[0回]


Copyright © 新 牛飼いの母ちゃんと子どもたち All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]