忍者ブログ
北海道は道東の隅っこ。そこの牧場のお話。 母ちゃんと子どもらの物語。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/14 Okko]
[10/14 ほたる]
[10/12 Okko]
[10/12 ほたる]
[10/12 Okko]
最新記事
プロフィール
HN:
静子
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
忍者アナライズ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
私....飲んべのアホしてます。
(爆笑)
彩子に怒られました。(爆笑)

拍手[0回]

PR
おっきいばあちゃんとしんばあちゃん....今日は二人だけど、再びきのこ採りにいっちゃった。
今回のお供は...ワン公のボスとロッキーに...みらい。(笑)
お前はお荷物だろう。と、思っても言わない。

さっき帰って来た。
なんと、携帯で電話をよこして...さきが迎えにいった。(爆笑)
牧場内専用(ナンバーがない)の三菱のジープで。(笑)
さき曰く「あそこ熊が出るべ」

拍手[0回]

わが家のハイテクマン&ハイテクウーマン。
いい変えれば...無駄な努力家。
つまり、しんちゃんとさき夫婦。
先ずは、さきじいちゃんが貰い受けたソーラーパネルと蓄電器。
新業務用蓄電器は発注したからいずれは来るだろうけど...この...手にした蓄電器は...
はい、現在のソーラーシステムに組み込みました。
これは成功で....発注したのを待つまでの代用として稼働を始めている。

で、パネルは?
なんと天文台で使うと使える15枚を設置する。
早々に足場を作ってる。ふーん、風で飛ばされないようにしてくれよ。(笑)
そこに使う蓄電池は?
発注したのが届けは....古いのを持ってくる?とはならない....重たいデカい....(笑)
中古を探すそうだ。あるんか、そんなの?

と、大学の倉庫で眠っていたガラクタを持ってきた。(笑)
なんだそれ?
巨大なマシン...簡単に言えば、かなり昔のPCとハードディスク。私、見たことがないような....まではいかないけど。(笑)
それらで、巨大ハーバーを作るそうだ。ふーん。無駄だとおもうけどなっ。
作る場所は....旧作業場・現物置の一室。(笑)
冬南極・夏アマゾン...そんなところに?
サーバーが風邪ひくぞっ。

ちゃちゃりこんで楽しむのは一恵とみどり....
子供らの隠れ家か秘密基地?(笑)
まっ、がんばりや。

おっきいばあちゃんとしんばあちゃんに静ばあちゃん...三人して落葉きのこを採りに行った。
まじに心配だわ。
それも節電・節約に関係あるの?
ったく、ボスとロッキー(樺太犬・ハスキー犬)がお供でもなぁ~。

さて、晩ご飯....節電だから、外で焼肉だ。鹿肉の備蓄があるし....熊肉もあるぞ。(^^ゞ
ジンギスカン(羊肉)は貰ったし....豚も少々あるな。鶏がないけど牛がある。生きてるのはいっぱいあるけど食えん。(爆笑)
さんまは傷物を箱で貰った。昨年のでしょう。(笑)厚岸のじいちゃんから。
明かりは、かがり火をたいて....気分を出して。
で、お酒は?
ありすぎるほどあるよ。(爆笑)

そうそう、わが家の極端な節電はお風呂。
電力や灯油が必要なお風呂ではなく....さき自慢の五右衛門風呂でした。(笑)
風流だよ....薪で沸かす。ちゃんと屋根もついてるし壁もある。窓が時代劇の小道具だ..なんだよ。(笑)
がしかし、一恵・みどり・みらいは....男どもと一緒に、ドラム缶のお風呂に入ってた。
父ちゃんとかねさんの悪ふざけで始めたお風呂....さすがに、私らは入らなかったよ。
屋根どころか壁もないのに....。


拍手[0回]

電気...
街には来ていたが、この山のか中のまきばまでは来ていなかった。
非常用電源でしのいでいたが....
昨日の夜も深夜....0時前だなっ....さきが叫んだ。
「電気が来たぞっ」
寝静まった中に響く。いつもなら「うるさい!」と怒鳴られるのに昨日はみんな大喜びで飛び起きた。みらいも自由にテレビアニメを観られるとニコッ。(笑)

長かったぁ~.....

拍手[0回]

ブラックアウトで、このまきばも真剣に行く先を考えた。
その結果....不要な事のように考えがちな施設を臨時仮説と同時に新設することになった。
搾乳した乳の保管だ。
電気は非常用緊急自家発電を設置してあったから急場をしのげた。
しかし、こんな長期になると...量が保存できない。
大きなタンクなのに....すでに、満タンの先が見えてきた。
メーカーが引き取りを渋る。引き取っても電力がないから加工できない。
私たち酪農家は....どうすればいいの。

捨てる。(廃棄処分)

誰が保証してくれるの?
誰も保証などしてくれない。
まっ、複雑な手続きで、幾分は救済してくれるけど。後々の話し。

で、離農した酪農の施設だったタンクを貰い受け保存してあったものを仮設設置した。
さきとしんしゃんの見事な速攻プレー。一部作動させた....。
そして、新たに新設することも決定。
落ちついたら基礎工事を始める。自衛手段だ。おっきいばあちゃんの判断は早い。

引き取ってくれそうにない、廃棄するものを利用して、さきがバター・チーズを量産してる。
売れるもんじゃないが、自家消費や災害地へ無償提供ができる。
しかし、さき一人がフルに動いてもメーカーのような大量とは言えないけどね。

さて、蓄電器だがおっきいばあちゃんの判断で買うことを決断。
と、さきじいちゃん(さきの父)が昔建築屋の同業者だったところから、廃棄処分するはずのソーラーパネルと蓄電器をもらい受けた。(もちろんタダ)
ソーラーパネルは使ってみないと分からないけど...蓄電器は作動した。古いから自然放電も早いらしい。私にはよく分からないけど。電気を捨てるよりいいさ。
新設されるまでの我慢だ。

今だ通電しないこのまきば...でも、昼間はソーラーで夜はディーゼル発電で....まきばの施設と母屋の電力をまかなえた。
通常電源(電力会社)を切る訳にはいかないまでも...消費を極端に減らせる。

そなえることが無駄かどうか....議論することは多いけど....とにかく、生きるため。この子供らへ繋ぐために....
でも、想像を越えた出費だ。(--;)
新車や大型冷蔵庫なんて言う規模とは違いすぎるよ。(--;)

今は野党、かつて一時の政権を取った民主党がやったことは....堤防を作る計画を白紙にし、原発を稼働させず....ともに大規模災害に繋がった。今後、絶対に忘れはしない。
彼らは国会議員ではなく、わが国を破壊するための中国や韓国の工作員だ。


拍手[0回]


Copyright © 新 牛飼いの母ちゃんと子どもたち All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]